無料で使える「おすすめ」の画像圧縮ツールまとめ!8つのツールを徹底比較

無料で使える画像圧縮ツールは、「webツール」、「ローカルにインストールして使うツール」、「自作」などいろいろとあるので、実際に使ってみて比較しました。

ブログを始めるまで、画像圧縮ツールがこんなにたくさんあることを知りませんでした。たくさんありすぎるので、どのツールが自分に一番合うかを使ってみて検証しました。



画像圧縮ツールの比較結果

今回検証したのは以下のツールです。

元画像をサイズのみ指定(横幅700px、縦横比固定)して圧縮し、比較しました(サイズ変更できないツールもありました)。

画質など、その他の設定はデフォルト設定としています( EWWW Image Optimizerは必要な設定をいくつか変えています)。

今回の検証はJPEGを使用しており、画質を設定できるツールは75%に設定しています。

オリジナル画像は、iPnone 11で撮影したJPEG画像で、ファイルサイズは3.40MB、大きさは4224×2376です。(下の画像は、 EWWW Image Optimizer で圧縮後の写真です)。

ツール名ツールの
種類
圧縮後の
ファイルサイズ
圧縮率ツールの特徴
オリジナル画像3.40MBiPhoneで撮影したJPEG画像。
EWWW Image Optimizer WordPress
プラグイン
47KB98.6%WordPressプラグイン。設定をきちんとすれば画像をアップロードするだけで画像を圧縮できて楽。
TinyPNGWebブラウザ724KB21.3%Webサービス。20枚までまとめて圧縮できる。細かい圧縮設定はできないが、シンプルで使いやすい。サイズ調整できない分、ファイルサイズが大きい。
Optimizilla Webブラウザ 853KB25.1% Webサービス。20枚までまとめて圧縮できる。 画質や色数を調整可能。圧縮前後の画像を比較できる。 サイズ調整できない分、ファイルサイズが大きい。
画像を縮小する! Webブラウザ 45KB98.7% Webサービス。20枚までまとめて圧縮できる。 サイズ、画質を調整可能。他のツールに比べて知名度が低い。
Squoosh Webブラウザ (ローカル)36KB98.9%Googleの画像圧縮Webサービス。非常に多機能で、このツールのみで大体の画像圧縮処理ができる。複数枚を処理するためにはCLIを使わないといけない。
ペイントローカル(Windows)109KB96.8%Windows標準搭載のソフト。リサイズや画像フォーマットの変更ができる。
縮小専用。 ローカル(Windows) 57KB98.3%Windowsのみ対応。ソフトをインストールすることで、ローカル環境で簡単に画像を圧縮できる。
Python ローカル Pillowというライブラリを使えば、画像のリサイズや画質の調整ができます。自分でプログラミングを組むことになるので大変ですが、その分カスタマイズは自由にできます。
画像圧縮ツールの比較

画像圧縮ツールの使用方法と使用感

EWWW Image Optimizer【おすすめ】

WordPressのプラグインです。

サーバーに画像をアップロードするだけで、自動で圧縮してくれるので本当に楽で一番おすすめです。

圧縮率を上げるためには設定をいくつかしておく必要があります。

設定方法や詳細な使い方については、以下の記事を参照してください。

EWWW Image Optimizerの設定方法【設定で画像圧縮率が大幅に向上】
EWWW Image Optimizer のメリット
  • サーバーに画像をアップロードするだけで自動で圧縮できるのでとにかく楽
  • WebP変換にも対応
EWWW Image Optimizer の デメリット
  • 圧縮に関する設定は一括設定するので、一枚ずつの細かい設定には向いていない

TinyPNG

webブラウザ上で画像を圧縮できるサイトです。

サイズ調整や画像フォーマットの選択、画質の調整など細かい設定はできませんが、画像をドラッグ&ドロップするだけで圧縮することができます。

シンプルで使いやすいです。

TinyPNGのメリット
  • Webブラウザで動作するため、端末に関係なくいつでもどこでも圧縮できる
  • 20枚までまとめて圧縮できる
  • 機能がシンプルで使いやすい
TinyPNGのデメリット
  • 1回に圧縮できるのは最大20枚、最大サイズは5MBまで
  • 画像フォーマットはオリジナル画像のままで、他のフォーマットには変換できない
  • 画像サイズ、画質など、細かい設定は変更できない

TinyPNGの使い方

下記のサイトに移動します。

下記の赤枠に画像をドラッグ&ドロップ、または赤枠内をクリックして画像を選択してアップロードするだけで圧縮できます。

下記の赤枠どちらかをクリックすると、画像単体、もしくは全ての画像をダウンロードできます。

Optimizilla

TinyPNGと機能や使い方は似ています。

webブラウザ上で画像を圧縮できるサイトです。

ただし、画質などの設定や、圧縮前後の画像を比較できるなど、多機能です。

Optimizilla のメリット
  • Webブラウザで動作するため、端末に関係なくいつでもどこでも圧縮できる
  • 20枚までまとめて圧縮できる
  • 画像の品質(JPEG)やカラー数(PNG)を調整できる
  • 圧縮前後の画像の比較ができる
Optimizilla のデメリット
  • 1回に圧縮できるのは最大20枚
  • 画像フォーマットはオリジナル画像のままで、他のフォーマットには変換できない
  • 画像サイズは変更できない

Optimizilla の使い方

下記のサイトに移動します。

赤枠の「アップロード」をクリックするか、赤枠内に画像をドラッグ&ドロップします。

圧縮結果が表示されます。

「クオリティ」で画質を調整できます(PNGの場合はカラー数を調整できます)。

左右で圧縮前後の画像を比較できます。

「全てダウンロード」で画像を保存できます。

画像を縮小する!

こちらもwebブラウザ上で画像をwebブラウザ上で画像を圧縮できるサイトです。

こちらの特徴としては、画像サイズを調整できます。

また、PNGをJPEGに変換することもできます。

白黒画像をワンクリックで作ることもできます。

画像を縮小する! のメリット
  • Webブラウザで動作するため、端末に関係なくいつでもどこでも圧縮できる
  • 20枚までまとめて圧縮できる
  • サイズを調整できる
  • 画像の品質を調整できる
  • PNGをJPEGに変換できる
  • 白黒画像を簡単に作れる
画像を縮小する! のデメリット
  • 1回に圧縮できるのは最大20枚

画像を縮小する! の使い方

下記のサイトに移動します。

使い方はサイトに日本語で詳しく載っているので、迷わず簡単に使えると思います。

Squoosh

Googleが開発している画像圧縮ツールです。

非常に多機能で、このツールだけで大体の圧縮機能がそろっており、画像フォーマットも様々なフォーマットに対応しています。

圧縮前後の画像の比較も簡単にでき、とても使いやすいです。

デメリットとしては、webツール上では1枚ずつしか圧縮処理はできず、複数枚を圧縮するためにはCLI(コマンドライン)で操作する必要があり、少し面倒です。

詳細な情報や使い方は、以下の記事を参照してください。

画像圧縮ツール「Squoosh」を使い込なす【無料で高機能】
Squoosh のメリット
  • 左右で画像を比較しながら圧縮設定ができる
  • リサイズ(拡大・縮小)できる
  • 色数を調整できる(モノクロのような画像も簡単に作れる)
  • 変換できる画像フォーマットが豊富(WebPにも対応)
  • 画質を調整できる
  • ローカル環境で作業できる(セキュリティ面でも安心)
Squoosh のデメリット
  • 複数枚を処理するためにはCLIを使わないとできない

ペイント(Windows)

WIndowsに標準搭載されているソフトです。

画像圧縮ツールではないですが、簡単に画像のリサイズや画像フォーマットの変更ができます。

ペイントのメリット
  • リサイズや画像フォーマットの変更ができる
  • Windows標準のソフトでローカル環境で作業できるので安心
  • オフラインで使える
ペイントのデメリット
  • Windowsでしか使えない
  • 一枚ずつしか作業できない
  • 圧縮に関する処理は少ない

ペイントの使い方

ペイントを立ち上げて画像を開き、「サイズ変更」や「ファイル」→「名前を付けて保存」で「ファイルの種類」から画像フォーマットを変更できます。

縮小専用。

Windowsのみ対応です。

インストールしてローカル環境で使うため、セキュリティ面で安心です。画像のリサイズや画質を調整することができます。

縮小専用。のメリット
  • 複数枚まとめて処理できる
  • 画像のリサイズや画質を調整できる
  • インストールして使うため、ローカル環境で作業するのでセキュリティ面で安心
  • オフラインで使える
縮小専用。のデメリット
  • Windowsでしか使えない

縮小専用の使い方

以下のサイトでインストールができます。

また使い方も載っているので、迷わず使えると思います。

Python(Pillow)

自分でプログラミングするので大変ですが、その分カスタマイズは自分好みにできます。

例えば、「ある条件の対象画像のみ処理する(ファイルサイズが○KB以上のみ)処理する」とか、「ファイルサイズが○KB以下になるギリギリの画質にする」などができます。

こちらは別の記事でまとめていますのでご参照ください。

【Pillow】Pythonで画像をWebpに変換!エラーが出て変換できない場合の対処法も解説【Pillow】Pythonで画像をまとめてリサイズ・圧縮!WebPにも変換可能【コピペでOK】

画像圧縮ツールはかなりいろいろな種類があって、しかも全て無料で使えるので本当にありがたいです。

私の場合は、ブログで使う画像は「EWWW Image Optimizer」で処理して、より詳細に調整したい場合は「Squoosh」、仕事などで気密性の高い画像を処理する場合は「縮小専用。」やPythonを使うというように使い分けています。

これからも色々なツールを使ってみて、自分が使いやすいツールを見つけていきたいです。

ここまで記事をみていただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


検索

アーカイブ

プロフィール

プロフィール背景画像
プロフィール画像

チャベス

1989生まれ、機械機器メーカーで研究開発をしている機械系エンジニアです。 業務効率化や日々の生活を効率化できるプログラミングネタを発信しています。PythonとNotionとSANGO(WordPress)が特に好きです。 詳細プロフィールはこちらnoteにNotionの記事も書いています。

WP-Searchにサイト事例として掲載されています。